整体師の資格を取るには|現代に必要な仕事

勉強道具

将来性の高い社会福祉士

白衣の人

社会福祉士の国家資格を持っている人のことをソーシャルワーカーと呼ぶことがあります。生活相談員や児童指導員とも呼ばれ仕事内容は多岐にわたります。国家試験を受けるために、4年制専門大学や短大卒業後の実習が必要となります。最近では女性が目指すことも多くなっており、独立してキャリアップする人もいます。

体の歪みを正す

整体

需要の高まりが予想される

整体師は、体の歪みを正して肩こりや腰痛といった体に生じた痛みを改善に導く仕事です。現代の社会人の多くは、デスクワーク等により、長時間姿勢が崩れた状態になりやすいと言われています。こうした状況が体に負担をかけ、それによって骨盤や筋肉に歪みが起こり、それが痛みとなって現れてくるのです。この歪みを東洋医学が発祥である整体術により整え、痛みを改善していくのが整体師の仕事です。肩こりや腰痛は、その症状だけでなくそれによって体の他の箇所の不調を招くことが多いとされています。そのため、整体師の施術を受けることで体の不調が改善され、病気を予防することも可能になるケースが少なくないのです。こうした予防医療の観点においても、また高齢化社会における期待される医療需要の観点からも、今後整体師の役割は非常に重要であると考えられています。整体師は、医師等とは違い国家資格が用意されていません。しかし、公的な資格が必須とされていなくとも医療職とあって、必要な知識や技術がなくてはこの仕事につくことは実質不可能です。現在整体師の多くは、養成課程のある専門学校で基本的な知識や技術を習得しています。専門学校では、座学による講座はもちろんのこと、現役の整体師でもある講師の手技のスキルを目で見て覚えることができ、さらに直接指導を受けることができます。専門学校は、こうした実習に力を入れていることから知識や技術を身に着けやすいと人気なのです。また、専門学校の多くは、課程を修了した際に民間資格が付与されます。整体師になるにあたって必ずしも資格は必要ないとされていますが、民間資格を持つことで必要な知識や技術を修得したという証となるため、就職の際には有利になると言われています。

取得を目指すために考える

ドクター

医療関連の勉強をしようと資格取得を目指して考えても、何を目指せばよいのか迷う人もいます。その場合は資格一覧表を確認しながら自分の得意分野がなにかを考え、選択していくと目標を定めることができるようになります。

学校の選択方法

看護師

看護師の資格取得をすることができる学校には専門学校と大学の大きく分けて2つあります。それぞれの学校で通わなければいけない期間や得ることができる資格の数が異なるので事前に学校公開や説明会に参加して調べて受験するのがポイントです。